子どもたち、高齢者、弱者を守りましょう!

脳科学者 茂木健一郎もキレて歌い出す「日本の新聞」


日本の新聞
作詞 茂木健一郎 作曲 茂木健一郎

日本の新聞 腐ったメディア
日本の新聞 最低のメディア
なんでもかんでも報道禁止さ

日本の新聞 汚ねぇメディア
日本の新聞 芸能事務所の手先
なんでも勝手に報道禁止さ

日本の新聞 バカのメディア
日本の新聞 コソコソすんじゃねぇ
チキン野郎 日本の新聞
TVも同じだ〜!

日本の新聞 腐った奴ら
日本の新聞 気持ち悪いメディア
なんでもかんでも報道禁止さ

日本の新聞 汚ねぇメディア
日本の新聞 芸能事務所の手先
チキン野郎 日本の新聞
バカ野郎〜!

何が全国販売店も完備だ
コラー!
チキン野郎 日本の新聞
ざまぁみやがれ!

脳科学者の茂木健一郎氏が2012年「ミス・インターナショナル」吉松育美さんの「ストーカー被害」報道を疑問視。
12月17日にツイッターで、「日本のマスコミって、チキンの集まりだな。くやしかったら、ちゃんと報じるべきことを報じてみろよ」と怒りを表明。

ツイートだけでは思いが伝えられないと思ったのか、18日に「日本の新聞」なる自作曲をYouTubeに上げた。
「日本の新聞、腐ったメディア~」「テレビも同じだ~!」と歌詞をアカペラで歌いながら、両手のこぶしを振り上げる振り付きで、1分38秒のパフォーマンスを披露。

茂木氏のこの行動は、「ミス・インターナショナル2012」グランプリの、吉松育美さん(26)が脅迫被害の実態を告発したことに端を発するもののようだ。

吉松さんは16日に東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見を開き、大手芸能事務所幹部がストーカー行為を行ったことを告発。さらに、ミス・インターナショナル協賛企業に圧力をかけるなどしたため、吉松さんは主催者から体調不良のふりをして大会出席を見合わせるように求められたことを明かしていた。

吉松さんは芸能プロダクション幹部からのストーカー被害を訴えているが、加害者の名前を報じないことについて、茂木氏はマスコミがプロダクションからの圧力を恐れていると指摘し、twitterで「恥ずかしくないのか、テレビや新聞の報道の諸君。志はどこに行った?」「報道機関としての、自殺行為だ。関係者の最低限の良識に訴えかけるよ。」などと投稿し、報道しないマスメディアに対して不快感を示していた。

LIVEdoorニュース:トピックニュース 2013年12月18日16時25分

この曲の残念なところは、タイマーズの曲に非常に似ているということです。
脳科学者というのは記憶の断片整理がやはりうまいのでしょうか?
(2分19秒からの「FM東京」という曲です。)





URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top